PCMAX 年齢確認

PCMAXを利用するためには年齢確認が必須となります。

これはPCMAXは18歳未満は利用することが出来ないので、利用者の年齢が18歳以上であるかどうかを確認するために行います。

年齢確認を行わないと、PCMAX内でメールの送受信や特定情報、投稿等のサービスのご利用が出来なくなります。
と、PCMAXのサイト内で記述されています。

では、どのような方法で年齢確認をすることになるのか?
方法を確認していきましょう。

 

PCMAX 年齢確認 方法

PCMAXの年齢確認の方法はどうすれば良いか?
以下の方法によります。

 

1、クレジットカードでの年齢確認

クレジットカードのカード番号などの情報を入力し、ポイントを購入することで年齢確認をする方法です。
ポイントをクレジットカードで購入しようという方はこちらの方がおすすめと言えます。


2、次の書類を撮影してメールで添付する

スマホなどで次の書類を撮影します。

・運転免許証
・健康保険証
・住民基本台帳カード
・パスポート
・外国人登録証明書
・年金手帳
・共済組合員証
・在留カード

これらの書類をスマホなどで撮影して、メールで添付してPCMAXが指定したメールアドレスに送る必要が有ります。
といっても必要な部分だけが写っていれば問題ないので見せたくないところは伏せても問題ありません。

この場合に年齢確認に必要な部分とは、年齢及び生年月日です。

あくまでも年齢確認のために提示を求められているので顔や住所の部分などは見えないように隠してしまいましょう。

この中で最も手軽なのは運転免許証、健康保険証だと思います。

運転免許証の場合は
・生年月日
・有効期限
・写真横の「運転免許証」の文字
・写真下の〇〇件公安委員会の文字

これらが見えるようにしてメールで送ると良いでしょう。


健康保険証の場合は
・「健康保険被保険者証」の文字
・生年月日
・資格喪失予定年月日
・保険者名称
・これらを見えるようにしましょう

 

PCMAX 年齢確認 失敗

先ほどの書類をメールで提出したのに年齢確認が完了しない。
そんな時には年齢確認が失敗している可能性があります。

失敗している場合はおそらく上記の2の書類の提出の際に不備がある場合が最も多いと思われます。
年齢確認が失敗していると考えられる原因は

・送信した写真が指定の証明書ではない
・生年月日や年齢、証明書の種類、発行元の名称がわからない
・過去にご登録があるお客様
・指定の証明書の有効期限が切れている

これらのことが考えられますので、原因に応じた対処が必要になります。
クレジットカードを持っている方でしたらクレジットカードの番号の入力に変更した場合が最も手軽です。

 

ちなみに過去に登録をし、年齢確認が済んでいた場合には年齢確認をしなくとも始めることが出来ます。

 

PCMAXの年齢確認が不安だ・・・

と、思う方も知るかもしれませんね。

年齢や生年月日だけでいいと言っても運転免許証などの個人情報に関する書類を見せたり、クレジットカード番号を入力しなければならないというのは正直不安な気持ちもあると思います。

しかし、年齢確認をするということはPCMAXは優良なサイトである証拠といえます。

何故なら出会い系規正法という法律で18歳未満の出会い系サイトの利用は禁止されており、18歳未満でないことを証明するための手段として先ほどの運転免許証などの書類の確認かクレジットカードの利用が定められているのです。

つまり、このような年齢確認を定めているサイト=法令順守に努めているサイトなのです。

逆に年齢確認をする必要のないサイトこそ怪しいのです。

何故なら法令順守に努めていないサイトだからです。


その点PCMAXは法律を守っていますし、
送信して頂いた画像は、確認後、即時に破棄します。クレジットカードの入力情報も、確認後、削除されます。
とサイトに説明書きがありますので、悪用されることはありません。

また、PCMAXは「個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備し運用している事業者」のみが使用できるジャフィックマークの使用が認められています。

ジャフィックマークは審査を受けて合格した会社のみが使用できますので、個人情報の取り扱いも安心です。
また、そのジャフィックマークを付与するのは経済産業大臣より認定個人情報保護団体としての認定を受けた日本個人・医療情報管理協会(ジャフィック)という特定非営利活動法人ですので信用のある団体であることが分かると思います。

年齢確認書類の提示=怖いと思われるかもしれませんが、むしろ年齢確認書類が不要なサイトの方が悪質な可能性が高いので、そのことを理解していただければと思います。

© 2019 PCMAX ログイン rss